人材育成についての考え方


モノづくりを通じて、社員が意欲を持って仕事に取り組み、担当業務に対する責任感を

 

もつことのできる環境を作り、地域・従業員・会社が共に成長します。

人材が活躍できるための取り組みについて


1.多能交換 全機械オペレーション対応可能にします。

 

 

2.必要な資格の取得(フォークリフト、玉掛、クリーンなど)

3.工場責任者の次世代育成

 

4.国際環境や市場に対応するために、外国人社員の雇用や外国人研修生の受け入れ

を取組んでいます。

→現在中国人社員2名、中国研修生1名。かつてタイ人研修生1

 

 

※当社では資格取得奨励制度を設けています。